June 27, 2006

画集 KNABE DER AKTが完成しました。

楽器を絵筆に、演奏するかの如く描く。
作曲するかの如く、もがき考える。
なによりも生き生きと生命感があふれていること。
それは、動きと光、そして緊張感。
やまない旋律を形にしたい。
この画集では、主に人物のスケッチをまとめています。

Working on a painting is for me like playing music,
and I struggle with its composition as if it were musical composition.
Before starting work on a painting, I always go over in my mind what matters for me most in art. Above all, this is the vitality, the feeling of overflowing life,
that comes from motion and light and tensed-up energy.

knabe at 13:09 │note